根本から改善

ここでは具体的などもり改善トレーニングについて触れてみたいと思います。
まず、簡単な矯正方法として音読を取り入れてみてはいかがでしょうか。

トークというのは事前の予習によってある程度操作することができるもので、日頃から発音する機会が多い言葉をパターン化しておくというのは非常に効果的です。
そんなパターン化しておきたい言葉を音読で繰り返すことによって、頭で考えるよりも反射的に言葉を発することができるのです。
反射的に発せられた言葉は、緊張とは無縁であることが多いので、十分に効果を得られるでしょう。

また、発音に慣れていないという人もどもりになってしまう原因なので、日頃から音を出して言葉を発することによって、発声に自分をなれさせるというのも大切です。

自分以外に部屋に誰もいないというのならば、音読でもよいですし、歌を思いっきり歌ってみるのもよいかもしれません。

また、コミュニケーションできる場を工夫して確保するというのも大切です。
コミュニケーションは向こうからやってくるのではなく、自分から積極的に行っていくものであって、その場をプロデュースするのも自分の仕事になりますので積極的にコミュニケーションできる場を作り上げてみてはいかがでしょうか。

このような一連の動作でコミュニケーションに慣れておくとどもり改善に大きな効果を得られるかもしれません。
まずはこのような日常的にできるトレーニングを取り入れてみてはいかがでしょう。