意識改革が重要

どもりを克服するためには、どもりが恥ずかしいことではないという意識改革をする必要もあります。
どもりが恥ずかしいものだと思ってしまうと、どんどんとドツボにはまってしまう可能性もありますので、早い段階で意識改革をすることは重要です。 逆に意識改革さえしっかりと行うことができれば、自然にどもりは消えてしまう可能性もあります。

どもりについて恥ずかしいと思っていると、話す際には間違いなく緊張してしまうでしょう。

この緊張が厄介で、緊張した状態が余計にどもりを悪化させてしまうこともありますので、どもっていても堂々と喋る、恥ずかしいことではない、と自分に言い聞かせることが大切なのです。 さらに、どもっていない人にアンケートをとってみると、実は人がどもっていることに対してそれほど嫌悪感を抱いている人は多くはありません。

もちろん、あの人はどもっているというような意識は持っているかもしれませんが、それについて何か掘り下げるようなことはしていないことが多く、単なる特徴や個性のひとつとしてとらえてしまっていることも多いです。

これを把握しておく場合と、そうでない場合では雲泥の差がありますので、どもりは実は大したことがないと意識改革してみてはいかがでしょう。 もしかしたら、それだけでもあなたのコンプレックスだったどもりは改善されるのかもしれません。

自分でどもっている人を見たときに何を考えているのかを思い出してみると早いかもしれません。
案外気にしていない自分に気づかされるはずです。